お礼のハガキ

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です



時代って、メールやフェイスブックなどで
やり取りする機会が増えてきているで、
ハガキを受け取るケースが少なくなってきていますよね。


だから、ハガキを送るっていうだけで
相手に自分を深く印象付けることが出来ます。


もちろん、こういったもを受け取って
嫌に思う人いないで、好印象ということになります。


でも、名刺交換した人に、
お礼ハガキを書いてポストに入れる」
っていう、小学生でも出来るようなことを
日々、実践している方って本当に少ないと思います。


感覚値ですが、そういうことが
出来る方って、おそらく100人に
1人くらいじゃないかと思います。

 

でも、訪問マッサージ訪問鍼灸をしている
鍼灸マッサージ師さんにとって
「あいさつハガキ」という
欠かせないツールです



ケアマネさんに営業など行った際に、
名刺交換すると思いますが、
名刺交換をしたケアマネさんに
挨拶ハガキを出すようにしましょう。


ハガキを出しておけば、50~80人に
一人ぐらい割合で、将来に
つながるような人脈に育つ可能性があります。

 

名刺交換お礼にプラスして、自分パーソナルな
情報や相手発展を願う言葉などを
書いておくがいいですね^^


ぼく、開業当時こんな内容
ハガキを送っていました。

↓↓↓

============================

ひまわり居宅介護支援事業所
佐藤 和子ケアマネージャー様

貴社、益々ご清栄事とお喜び申し上げます。

さて、先日事前に何お知らせもせずに
突然お邪魔いたしまして大変失礼いたしました。
改めて、お詫び申し上げます。

しかも、貴重なお時間を私ども為に割いて頂き、
心より感謝いたしております。

当院で○○市内を中心に寝たきりや歩行困難で
お困り方を対象にした訪問マッサージり灸を
行っております。

もし、ご利用者様中で、在宅でリハビリなどで
お困り方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談いただければと思います。


今後も、地域ケアマネージャー様に支持されるように
日々活動して参りますで、何卒よろしくお願い致します。


タンポポ訪問マッサージ
院長 鈴木一郎

============================


ケアマネさんにハガキを出したことが無い方
文章をパクって頂いてOKな
自筆ハガキを出すようにしてください^^



それと、ハガキ内容よりも重要なポイントがあります。
それハガキを出すタイミングです


出来たら、そうちに書いて、
ポスト最終集配時間(17時頃)に
間に合うように投函しましょう。



名刺交換をしたら、そうちに
ハガキに自筆で書いて、そ
17時までにポストに投函するいうふうに
ルール化しておくが一番です


場合、開業当時
往診用カバン中に必ずハガキ
20枚くらい入れておいて、
休憩時間にマクドナルドやドトールで
コーヒーを飲みながら、ハガキを書いて、
すぐにポストに投函するということを
ルーチン化していました。


また、多くケアマネさんにハガキを出すようになると、
誰に送ったか分からなくなってしまいますで、
エクセルなどで、管理表を作っておくと便利ですね。


こういった地味なことを実践する人
鍼灸マッサージ中でも少ないで、
是非取り組んでみてください。


特に、開業したてで何もすることが無い、
時間があるという方場合に必須ですからね^^
実践していない方、まず
本日中に郵便局に行って
ハガキを100枚購入することから
最初一歩を踏み出してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です