リピートに繋げるためには??

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


訪問鍼灸マッサージにおいて、
新規患者さん獲得に比べれば、
リピートを得る比較的容易です




しかし、リピートに繋げるために大切な
本質を捉えていない方
全然と言っていいほどリピートが取れません…。



リピートを得るにどうしたらいいか?


もちろんノウハウやツール色々とありますが、
そういったも、ある意味小手先です


ノウハウ、テクニック、ツールを使う上で大前提があります。
それが何かというと、あなたにご縁があった
患者さんを大切にすることです

 



すっごく当たり前ことですが、
意外と疎かにしてしまう方がいらっしゃいます。


前にいる患者さん
ケアマネージャーさんから紹介、
インターネットや電話から問い合わせ等、
ご縁あり方様々だと思いますが


こういった新規患者さんに対して

・「本当に良くしてあげたい」

・「これ以上悪くならないように、自分で手助けしてあげたい。」

・「自分持つ知識・腕・経験でなんとか助けてあげたい」

といった心から気持ちがないと、どんなにテクニックやツールを
使っても、患者さんもアホでないで見抜かれてしまいます。




「こ先生10時に来て、10時20分になって
時間が来たら今日も会話もせずに淡々と帰ってしまうだな。」


といった感じに、おもてなしや施術を受けたといった感じがしない
淡々とした作業であると感じさせてしまい結果思いが伝わらなかった場合、
リピートも何もないわけです


で、大前提としてあなたが持っている知識経験を
全力投球してご縁があった目患者さんに対して
誠心誠意対応をして頂きたいと思います。


もちろん、当たり前に思っていることだと思います。
しかし、こ気持ちがなければリピートにも
繋がりませんで勘違いしないで欲しいところです



誠心誠意対応をするといった大前提がない上で、
テクニックやツールを使っても意味がありません。

 



ひとつ本当に言いたい、せっかくご縁があったですから
最後まで付き合うということです



あなたがご縁を頂いてお付き合いする患者さんという
比較的高齢方が多いと思います。

80代90代、100歳を超えている方も
中にいらっしゃるかと思います。


そういった90代、100歳代といった方たち
お友達が少ないわけです。何故いないかと言うと、
年齢と共にお友達がお亡くなりになってしまうわけです


年齢を重ねるにつれ、昔お友達が居なくなってしまって
寂しいと思っている患者さんが非常に多いわけです


そういった中で、娘さんなどご家族とも離れて暮らしていたり、
施設に入って暮らしている人たち、本当に
お友達がいないということで、私たちマッサージ師や鍼灸師を
楽しみにしている方、お友達としてお付き合いしている方もいらっしゃいます。


リピートも目標として大事ですが、目指すところとして
ご縁があった患者さんと人生最後お友達として
付き合えるような関係が築ければ、リピート回数云々に関係なく
「一生あなたにお願いします。」という形になりますで、
そういった関係を構築できるようになって欲しいと思います。


ために、目患者さんを良くしたい、
これ以上悪化を防ぎたいといった、なんとか
してあげたいという気持ちを強くもった上で
対策ほうにも力を入れていただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です