切り捨てるべき患者

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


訪問マッサージ経営において
新規患者さん獲得、最も
ハードルが高い部分です




ケアマネ営業、インターネット広告、
チラシポスティングなどを駆使して
お金と時間と手間を掛けて
やっと獲得した患者さんなで、
出来れば長期に渡って対応してあげたい。




しかし、こんな患者さんと
巡り合ってしまった場合
切り捨てるという選択をすべきです


↓↓↓


—– Original Message —–

先月から、要介護2患者さんに対して
訪問マッサージを行っています。

無料体験、とても良かったです
実際施術が始まった日から、
施術中にずっと文句を言ったり、
アドバイスしたこと全くしないし、
昨日、予定していた施術を
無断キャンセルされてしまいました。


まま継続して治療していく
難しいかなと思っていますが、
ような場合、どう対処したら良いでしょうか?


—— End of Message ——


経営理論中に「80:20」と呼ばれる
非常に有名な法則があります。




法則、パレート法則と呼ばれ
売り上げ80%20%優良顧客
から生まれるという意味です


しかし、これ僕が発見した法則で
「1:99」法則というがあります。




これ、100人うち1人
クレーマー患者が
99%問題を引き起こしているという意味です




カテゴリーに入る
患者さんと素早くサヨナラすべきです



なぜなら、こ患者さんせいで、
患者さんに対しても誤った
対応をしてしまう可能性があるからです



例えば、こんな患者さん
すぐにサヨナラすべきです


1:どんなことに対しても満足せず、常に苦情を言ってくる。



2:施術者に嫌がらせをしたり、絶えず悪態をつく。



3:無断キャンセルを何度もする。



かなり昔ですが、上記ような
患者さんとサヨナラしたことがあります。


確かに患者さんとして、身体が自由に動かないということで、
誰かに文句を言ったり、八つ当たりをしたくなることもあるでしょう。




ただ、上記ような対応をするということ
自分が提供している施術に必要性を感じていないわけですから、
お互い時間無駄になってしまいます。


で、

「申し訳ないですが、他先生施術をご利用になった方が
 よろしいないでしょうか?」

と、言ってあげてサヨナラすべきです



場合、こような対応をする
100人に1人いるかどうかですし、
過去振り返っても数名程度です


実際99%患者さんに
自分施術が支持されているで、
1%クレーマー患者さんに
引っ張られてしまう
デメリットが大きすぎます。

 

在宅でお困り患者さんを助けてあげたいという
想いもちろんありますが、
治療院を運営するというビジネスであり、
ボランティアでありません。


院を運営するにあたってお金が掛かりますし、
自分自身や家族も生活していかなくてなりません。

 



そんな中、いくら患者さんといえ
自分施術を必要としない方や、
ドタキャンばかりして自院
利益に結びつかない方などに
自分大切な時間を割く必要ありません。。


もし、そような患者さんを
担当することになったら
出来るだけ早く、
切り捨てる事が大切なです。 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です