学びの共有

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


勉強しない院長は論外ですが、
勉強しているにも関わらず
なかなか成果が上がらない方がいます。

 



特に、組織構築やチームマネジメント
分野については、院長が一人で学んでいるケースでは、
なかなか成果が出にくいです


院長はセミナーや講座に参加して、
良い知識やノウハウをを吸収して
現場に落として実践していこう、
と考えていても現場社員としては、

「また、院長が変な事をやるって言いだしたよ・・・」

と迷惑な顔をされてしまうことが良く起こります。


なぜ、こようなことが起こるか?


それは、そもそも院長と社員では
持っている「もさし」が違うという点と、
見ている世界が違うからです



さしが違うとはとういう事かというと、
一般社員は1000円単位で物事を考えます。
例えば、
今日ディナーは1000円で抑えるか、
贅沢に2000円するか?
など、そ日そ生活に目が行きがちです


一方院長は、100万円単位で考えるが普通です
採用費、人件費、講座費、運転資金、設備資金など
常に100万単位程度金額が頭中にあります。


日々1000円判断をしている社員としては
日々100万円単位判断をしている院長が考えている
世界はなかなか想像が出来ません。


また、院長は訪問鍼灸マッサージ経営について
長期的にどように治療院を経営していくかを考えていますし、
療養費増減や日本医療費など社会情勢変化にも目を向けています。

 




一方、一般施術者社員は今日
往診治療患者さんことでで手一杯で、
「先」ことを見る余裕などありません。
当然ながら見えないことは理解できません。


ように、院長と社員間には
見えない溝が存在するです


では、どうすれば院長と社員
溝を埋めることができるでしょうか。


それは、

「院長と社員(幹部)が一緒に勉強すること」

です

 




院長ひとりが勉強しても、治療院ををよくすることはできません。
院長だけがもっと優秀になって溝が深まるだけです


訪問治療院成長に必要なは、
一緒に勉強する社員「数」と「質」です


社員も一緒に勉強し、スキルや知見が増えれば増えるほど、
治療院経営はよくなります。


社長と社員が学びを共有するからこそ、
同じ方向を向いて前に進めるです


勉強好きな院長は、
ひとりで勉強するではなく、
ぜひ、一緒に勉強してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です