屋号はシンプル&インパクト!

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


以前、妻とこんなやり取りをしました。

 


妻「駅名、決まったね」


藤井「どこ?」


妻「だから~、品川と田町間に出来る駅名前だよ」


藤井「何に決まった?」


妻「”高輪ゲートウェイ駅”」


藤井「ゲートウェイ??」


妻「そう!」


藤井「普通に、高輪駅で良くない?」


妻「人気投票ランキングで高輪駅が1位だったみたいだけど、
  ランキング130位”高輪ゲートウェイ駅”に
  正式決定したみたいよ」


藤井「ネット、炎上してるでしょ?」



妻「うん 笑」

 





・・・

全国から公募を募り6万以上集まった票
公募数1位「高輪」で、8,398件。
2位「芝浦」、3位「芝浜」でした。


今回決まった、
高輪ゲートウェイ
公募順位130位でした。



いったいなぜ、こ名前に決めたか?



JR東日本社長会見で、

「古くから多く方々往来や交流があった。
江戸玄関口という役割を果たしたエリアで、
ゲートウェイ機能を果たした場所。
今後未来を切り開くシンボルとして、
町全体発展に寄与することを念頭に選考を行ってきた」

と話しました。

 




いえ、街皆さん評価として

・「高輪駅方がよかった。ゲートウェイって言いづらいよね」、


・「とにかく、駅名が長いなと思いました」


・「山手線ゲームがやりにくくなったじゃねーか(笑)」


と批判的な意見が多いようです

 






新駅ネーミング、現時点で失敗だったかなと思いますが、
僕たち様な治療院経営しているもとしても、
自分治療院名屋号気を付けなくてなりません。


屋号で意識したい
何より大事な覚えてもらうこと。
でできるだけ短くて、分かりやすくて
読みやすい方がいいです

 



僕が2005年9月に開業した治療院
「アーテム治療院」という屋号にしました。


どうしてこ名前にしたかという
お話を少しだけお伝えさせて頂くと、、、



治療院を開業するとき、何かカラダや健康に関する
名前にしようと思っていたで、地元図書館で
ネーミング本をいろいろ調べていたら
ドイツ語で「呼吸」を意味する言葉が「アーテム」ということが分かりました。

 




また、開業当時にマーケティング関連書籍を読んでいたところ、
電話帳(タウンページ)から問い合わせも有効であるという
情報も書いてありました。 (時代ですね~^^)


それだったら、「あ行」で始める治療院名にしよう!
「呼吸」を意識した施術も取り入れていたで、
ピッタリ屋号だ!とビビビッときて、
「アーテム治療院」と名付けました。


アーテム治療院だと、電話帳(タウンページ)
東京都北区内でトップ表示ですし、
東京都全体でも、1ページ目に表示されます。

 




タウンページトップに表示されて、
そこ治療院がフリーダイヤルなら
タウンページを見た人まず
全員が自分ところに電話をかけてくれる
だろうという妄想をいだいていました。(恥…)



しかし、インターネットがこれだけ
普及した時代に変化していたで、
タウンページを見て、
マッサージをお願いするような人
ほぼゼロ人でした。

 



タウンページ効果を狙って治療院名でしたが、
効果あまりありませんでした。


あと、毎回「アーテム」ってどういう意味
なんですかって散々聞かれましたね。


ドイツ語で「呼吸」を意味するなんて、
一般誰も知らないわけです

 



とにかく、分かりにくい・・・


他に、アーテムじゃなくアテームって呼ばれたり・・、

「お宅治療院、オウム真理教「アーレフ」と関係があるすか?」

なんていう方もいらっしゃいました。(全然、関係ねーし!)

 





開業して13年間、そ屋号を変えずに継続してきましたで、
今でこそ、愛着が出てきましたが開業当初あまりいいことありませんでした。


あなたも開業するとき、分かりやすく、覚えやすく、
インパクトがありシンプルな屋号にすることをお勧めします!



くれぐれも
ドイツ語とか、
ギリシャ語とか
ポルトガル語とか
フランス語とか
イタリア語とか
意味がわからない英語とか
とにかく長いカタカナを
使わないよう注意しましょうね。

 





1度決めて開業してしまうと
途中で変える難しいですから
「分かりやすい!シンプルに!」を目安に
大胆かつ慎重に決めてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です