批判は無視していいの?

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


先日、ある鍼灸師さんから、
スタッフや患者さんから
自分方針を批判されることがある。

そういった、「批判無視で大丈夫か?」
という相談を受けました。

 

答えとして
「基本的に批判無視して大丈夫です!」


というも、
李哲先生が主催する
「治療家 呑んだくれ会」に
ゲストとして参加させていただいたことがあります。


ゲスト先生方
各方面ですごく実績を出しており、
多く会員さんやスタッフさんに
称賛され、支持されています。


しかし、そ称賛と
比例するように批評や苦情も
受けてきたです。(と、思います)



一般治療家と違った思考を持っていたり、
異次元行動をするため、周囲から
批判も受けやすくなります。


僕も過去に多く
批判を受けてきました。


なんで、こんなに
一生懸命やっている
批判されるんだと
悩んだこともありましたが、
ある時期から、基本的に
悩まないようにしました。




批判や苦情という
何百人、何千人お客さん中で
ほん数名しか言ってこない
なんだなということが
わかってきたからです


そして、批判や苦情をいう一部
誰に対しても、どんなサービスに対しても
苦情を言う傾向が強いです


何も言わない人よりも、
「ギャーギャー、ワーワー」と
うるさく言ってくる数人ほうが
目立ちますし、そちら意見を
優先してしまいがちになります。


しかし、うるさく言ってくる人
意見をよく聞いてみると、
ただ嫌がらせやただワガママ
だったりすることが多いです


もちろん、そうるさく言ってる人が
大多数であれば、こちらが悪い部分が
あるということですから、
意見を真摯に受け止め、
見直す必要があります。


しかし、自分を批判するわずか
数名人だけにフォーカスしてしまうと、
大多数満足度が低くなってしまいます。


批判
があると、ついそちら声に意識が
向いてしまいがちなですが、そ意見に
あわせるより、大多数応援してくれる人に
もっと意識を向けたほうが良いです


治療院経営をしていく上でも
必ず批判やクレームを言ってくる
現れます。


、わずかな数苦情や批判で、
サービス内容を変更する院長が多いですが、
結局苦情や批判ゼロになりません。


逆に、変更してしまったばかりに
いま、満足しているお客様が不満を
感じてしまうからです


ただし、先ほども言いましたが、
たくさんお客さんが同じ意見を
言っている場合素直に見直すほうが良いです


ただ嫌がらせ的な批判か、それとも
多く人が思っている問題点なか?
冷静に見極めてから判断するが大事ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です