月間30回のレセプトはあり?

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です



たまにですが、

・週7回施術(30回/月)

・週6回施術(24回/月)

・週5回施術(20回/月)

レセプトがありますが、
問題なく通るでしょうか?



健康保険適用マッサージ、鍼灸治療
患者さんが支払う金額も安く、また
障害者手帳をお持ち方や
生活保護場合
実質的に無料で施術が可能です


為、患者さん中に
出来るだけ多く日数(できれば毎日)
施術を希望される方もいらっしゃいます。


現時点で施術回数制限ない
週に何回施術をしても良いですが、
週4回(15回/月)を超える場合注意が必要です

 



施術回数について
回数制限ないで、
毎日施術をしても
問題ないですが、、、、


り月間15日施術を超える場合
しっかりとした対策が必要です



現時点で施術回数上限等
制限ありませんが、
今後回数制限がルール化が
復活される可能性否めません。
(※以前施術回数上限15日まで
 というルールがありました)


施術回数について
患者さま要望でなく、
患者様症状によって
変わってくるが普通です


例えば、患者さんが、

・要介護5
・脊髄小脳変性症
・ベッドに寝たきり
・定期的に関節を動かす必要がある

という状態であれば、
週6回でも週7回
施術をしても問題ないでしょう。


ただ、そこまで重度症状で
無い患者さんについて
どうしても週6回以上
施術をするであれば、


主治医にお願いして、
同意書空いているスペースに

「週6回程度施術が必要である」

と一筆書いていただければ、
保険者も指摘してくる可能性下がりますで、
安心して施術できると思います。


もちろん、主治医に無理やりお願いするなく、
医療的な見地から見て、本当に週6回
施術が必要かをしっかりチェックしていただく
必要があります。


仮に返戻になった際に、
保険者としても、

”なぜ、週6回施術が必要な?”
という疑問に対して、

”主治医が週6回程度施術が必要と
 こちら同意書に記述してくれたで”

としっかりと対応できる状況を
作っておく必要があります。


これが、

”えっと、、、患者さんが週6回施術
 希望していたもですから・・・”

という理由でダメなわけです


ですから、もし週4回(月間15日)以上
施術をする場合、しっかりと
対策を取ったうえで、施術
スタートさせたほうが安心です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です