高齢者>>>施術者

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です



近隣に訪問鍼灸マッサージ院が
増えて来たで困っている、、、。



そんな、お悩み相談を頂くことがあります。



独立開業している先生中で
やたらとライバル院存在を
恐れている方がいらっしゃいます。



でも、ビジネスというも基本的に
ライバルがいる状態が当たり前です

 


ライバルがいるから諦める、という
ちょっとおかしな思考ですよね。


例えばたくさんラーメン店が乱立している
新宿駅東口に、新しいラーメン店ができたとします。

 


ラーメン店もう絶対に
儲けることできないんでしょうか?

 


そんなことないですよね。

 


ラーメン店より
ラーメン味がおいしかったり、
接客が素晴らしかったり、
価格が圧倒的に安かったり、
オリジナリティあるトッピングを揃えたり、
効果的な宣伝を行ったりすれば、
激戦区でも当然ラーメン店繁盛するでしょう。


逆に古くからあるラーメン店(先行者)でも、
そうした努力を怠っていたら、
時間とともに淘汰されていきます。


ライバルいないところを
血眼になって探すなく、
ライバルを追い抜く努力をするべきです



それと、そもそも
一般方たちって
訪問マッサージ訪問鍼灸
存在を知らない方が多いです


また、あなた地域ライバル院が増えるスピードと、
あなた地域高齢者が増えるスピード&量
別次元に違ってきます。




「需要(高齢者)>>>>> 供給(施術者)」


と需要方が圧倒的に多いです



そんな状況下において、
ライバル院が敵だなんてことを言っていたら、
つまで経っても「訪問鍼灸マッサージ啓蒙」をする時間が足りない。




「1院で食べきれる規模じゃない」から、
みんなで協力して啓蒙した方が、結果的に自分にも返ってくる。




1つ治療院で出せる広告費なんてたかが知れてます。


それよりも、
地域複数治療院で
広告費をガンガン出し合って、
営業活動をガンガン掛け合って、
地域患者様認知度を
高めまくったほうが、
結果としてリターンが大きいです

 




で、同一地域に
大手訪問マッサージ会社や
大手FC業者治療院があるところ
ラッキーですよ。



だって、すでにある程度
啓蒙活動がされている地域なですから。


そんな温まった地域で開業して、

「腰かけてで勤務している腑抜け雇われ施術者と、
 こ地域で生まれて地元に恩返しするために
 本気で在宅施術に全うして、死ぬまで
 責任を持って対応する院長俺、 どっちがいい?」

 


って聞いてみたら、
一定割合で、後者あなたを
選んでくれるです^^
(※もちろん、ノウハウややり方ありますが)


有難いことに、
再現性高いノウハウを真似できる環境があります。


これ、紛れもなく新規開業者(後発者)メリットです
、後発者利益を存分に生かして、
実績を積み上げていくことを意識すれば
ライバル院が居る地域においても、
十分に成功することできますで^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です