ケアマネからの紹介来ず・・

Q.
以前患者様をご紹介いただいた、居宅のケアマネさんから
現在2人目以降のご紹介がなかなか頂けません。
毎月、施術に関する報告書とニュースレターは直接手渡しして、
いろいろ近況等もお話ししています。
これ以外に、2人目以降の紹介につながる何か良い方策は
ありますでしょうか?


A.
依頼が来る、来ないは「タイミング」があります。
確率が低くてもゼロではありません。

 

「いつもは○○○○(大手)にお願いをしていたけど
次はあなたに、と思っていた」

「あなたにぜひお願いしたいと考えていたけど
しばらく対象者がいなかった」

「営業に来る所はけっこうあるから、
他のケアマネさんは違う所にお願いしているみたいです。
でも、毎月毎月継続して来てくれるのは、あなたの所だけなんですよ」


ずっと紹介のなかったケアマネさんから、
こんな風に言われるケースは、
実際に色んな先生方が経験されているようですよ。


また、「5:25の法則」を思い出してみて下さい。

「離れていく患者さんを5%止めることができれば、
利益は最低でも25%上がる。」

という、
マーケティングの世界でとても有名な法則です。

 

この法則からも分かるように、新規患者を獲得するよりも
離脱患者を少なくするほうが治療院の経営は安定します。

 

既存の患者さんや懇意にしているケアマネさんに
離れていかれないような対策をすることが重要なのです。

 

患者様対応で、直接ケアマネさんを訪問することが難しく
なっても、ご紹介のあったケアマネさんには
月に1度、ちょっと訪問してニュースレターを置いてくる、
遠方なら郵送するなどといった方法で、訪問回数の穴を
間接的に補うなど、手を抜かずに継続されるといいと思います。

  ~関連記事~
『ケアマネへのフォロー』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です