信頼関係の構築

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です



あなた訪問マッサージ訪問鍼灸現場で
患者さんとコミュニケーションってどうしていますか?


脳梗塞後遺症方で言語障害などがあったり、
認知症でなかなか会話が成立しなかったりで、
「う~~ん、困った。会話にならん・・・」
と戸惑う事もあると思います。


実際、現場で一番苦労する部分1つが
患者さんとコミュニケーションだと思います。


↓↓↓



—- Original Message —–

お疲れ様です。昨日、無料体験をした
患者さん対応で質問があります。

80代女性患者さんで、
認知症状もあり、精神的にも
安定していないという事前情報を頂いていました。


実際に体験治療を行ってみたところ、

マッサージなんてやりたくない」

「あんた誰や?勝手に家に入ってくるな」

「終わったらすぐ帰ってくださいね」


と、ほとんどやる気ない状態です

ような患者さんでも、関節拘縮などがある
定期的に施術をしたほうが良いと思うですが、
ような患者さんで良い対応方法あるでしょうか?

—— End of Message ——



訪問マッサージ場合、ただただ黙ってマッサージ
受けていればいいといったケースだけでなく、
患者さんに協力していただく場面もありますよね。

 

たとえば、
「右足を強く蹴ってください~!」

「回数を大きな声で数えてください!」

「起き上がってベッドに座ってみてください」

などなど。


訪問マッサージ、患者さんに対して
協力してもらうような場面が多々あると思います。


しかし、訪問マッサージ対象患者さん
お体に何らか障害や痛みをお持ちなで、
上記ようなコミュニケーションが困難なケースがあります。



・耳がご不自由な方、
・認知症方、
・先天性障害をお持ち方、
・精神病

などなど様々です


また、人見知り激しい方話しかけても
全く反応していただけない場合もあります。


しかし、そような患者さんに対して、
なんとかするも我々仕事だと思います。


ですから、こういったケースでも、
色々と工夫をしながら対応していく必要があります。


例えば、耳ご不自由な方場合に
小さなメモ帳を用意して
筆談でコミュニケーションを取ったり、

極度に緊張する方に、ゆっくりと丁寧な言葉で
お声がけや世間話をして緊張をほぐしたり、

鍼を怖がる患者さんに
見えない場所に置いたりといった事もします。

 


また、ご機嫌が良くない時に、無理にお話しせずに、
youtube などで、軍歌や演歌を流してあげながら
施術しているという先生もいらっしゃるそうです


在宅医療現場で通常治療院に来院される方と
違って、治療をする前段階で苦労することもあります。


でも、患者さんやご家族
「何とか治したい」「治してあげたい」
と願って訪問マッサージを依頼してくれるで、
それにどこまで答える事ができるかが、
患者さんやご家族、そしてケアマネさんやドクター等
から信頼度に反映されると思います。


訪問
マッサージ訪問鍼灸において
治療へ第一歩が「信頼関係」です
そこをクリアしないと、お互い目標を持って
適切な治療をすること難しくなってしまいます。


ようなケースでも、患者さんに対して
コミュニケーション、根気強く接する事です


そこから信頼関係が生まれ、また、
患者さんと信頼関係が構築できれば
コミュニケーションをとることもスムーズになってきます。


なんと言っても、訪問マッサージ一番大切な事
コミュニケーションをしっかり取って患者さんと
信頼関係を構築する事これにつきます!

 

コミュニケーション回数が増えれば
徐々に変化することもあるかと思います
ぜひケアマネさんと連携を取りながら、頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です