業務委託の改善点とは?

Q.
受領委任導入にあたって業務委託の見直しをするとは
具体的にどのような改善が必要なのでしょうか?

A.
あくまでも例ですが、

前述の場合は、誰が施術管理者になるか、
その際にはお互いの治療院での勤務形態を
どうするかを決めること、

 

後述の部分については
委託先の申請書作成や保険請求を代行する代わりに、
口座入金先は、これまで通り、委託元である自身の
名義にしておき、後日、差額の割合分を委託先に支払うよう
契約を変更すること等でしょうか。

 

 

書類作成やお金の流れは同じであっても、施術管理者に
なってもらえない場合や、
勤務時間が重複してしまうような懸念がある場合には、

業務委託先に受領委任の届出をしていただいて、
その部分を含めて他のレセプトの申請手続きをするのか、
もしくは、業務委託分についてはレセプトの業務委託割合部分を
差し引いて支払ってもらうなどといった契約内容の見直しが必要となってくる
ということになります。


    ~関連記事~
『業務委託者のみの開業は可能?』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です