活かせるバイトとは?

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です



4月、入学季節です



国家試験に受かって卒業した3年生も
4月から社会人として新たな道を進む一方で、
今年4月から鍼灸マッサージ専門学校に
新入生として入学した
学生さんも多数いらっしゃる訳です


今日、入学式を終えたばかり
専門学校1年生から頂いた
ご質問をシェアいたします。


↓↓↓


—- Original Message —–

卒業後訪問マッサージ
独立開業を考えています。


将来、独立するために、
学生時代どんな形で
アルバイトをした方がいいでしょうか。


それともバイトせず、学問に専念し基本を
しっかりと身につけた方がよいでしょうか。

—— End of Message ——




専門学校1年生段階で、
卒業後に訪問マッサージ
独立開業を考えて、
メルマガを読んでいるですから
相当、意識が高いと思います。



学生時代アルバイトについてですが、
患者様と接する機会を持とうとお考えならば、
例えば整形外科にアルバイトで入ったり、
介護施設にボランティアで施術できるよう
お願いしてみるなど方法があるかと思います。


訪問マッサージ独立開業後
技術面でつまづくというよりも
集患や、地域医療へ溶け込み方など
対人営業が重要なカギになってきます。


ノウハウを盗む意味で
業界を問わず、フルコミッション(完全歩合制)営業等を
少しでも経験しておかれるといいかもしれません。


例えば、


生命保険
不動産
インターネット回線
NHK受信料回収
業務用エアコン
LEDライト
朝日新聞営業
高額教育教材


などなど、世中に
売りにくいと言われている
商品が多々ありますが、
それらセールスプロセスを
経験しておくだけでも
独立開業時に相当役立つです



まれにですが、訪問マッサージ
独立開業されている先生中にも
サラリーマン時代に、
金融系や不動産系や生命保険系
営業を経験されていた方がいらっしゃいます。



過去に営業経験がある先生
訪問マッサージ訪問鍼灸で
独立開業してから、ほぼ100%
確率で成功しています。




そして、皆さん同様にこう言います。


・「世中にある営業中で、ここまで緩い(簡単な)業界無い!」

・「ケアマネさん、なんであんなに優しく対応してくれるか?
  生命保険営業とき冷ややかな対応と180度違う」

・「営業リストも明確だし、下手に売ろうとしなくても
  興味を持ってくれて、勝手に紹介が入る」

などなど。


金融系や不動産系や生命保険系商品
通常であれば、数百万~数億円程度
高額な価格になります。



それを経験したうえで、
「1回300円。健康保険適用」、
しかも、高齢化社会中で
お願いしたい人が増えている中で、
訪問マッサージというサービス
非常に売りやすいです


もちろん、学生さん場合
フルタイムで働くこと
難しいでしょうから、
平日授業が忙しいとき
週末だけとか夏休みだけとか
期間限定でやってみるとかですね。


協会会員さん中にも
学生うちから意識を高く持って、
準備を始めた方、何人もいらっしゃいます。


始めるタイミング人それぞれかと思いますが、
僕として、基本的に思い立ったが吉日、だと思っています^^

キッカケと環境さえあれば、誰もが
加速的に「前進」できるですから。


高い学生さんを心から応援したいと思っていますで、
あなたなりに、できることから是非実践してみてください。

実現ため、頑張って下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です