訪問マッサージの危機

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


フェイスブックなどを見ていると、
先週末専門学校卒業式が
全国各地で行われたようですね。


学生さん中に、4月になったら
すぐに訪問マッサージ・鍼灸で
独立開業を目指す人もいるでしょう。



実際に、4月タイミングで
訪問マッサージ・鍼灸で
独立開業する人が非常に多いです


ただ、4月から開業するにしても
訪問マッサージで何をどうすればいい
分からない方もいると思います。


今日そんなメルマガ読者さんから
こんな質問を頂きましたでシェアします。


—–OriginalMessage—–

藤井先生

いつもメルマガ楽しく拝見しております。

現在、専門学校3年生ですが、
先日、無事に卒業できることが出来ました。
国家試験発表3/27ですが、
多分大丈夫だと思ってます。

4月以降に、どうするか
まだ決まっていないです
訪問マッサージ分野にも興味があります。

ただ、学生時代に
訪問マッサージ分野について
一切触れてこなかったで正直
よくわかりません。


具体的に訪問マッサージ
どんなビジネスなでしょうか?

また、訪問マッサージを始めるにあたって
リスクないでしょうか?


——EndofMessage——



訪問マッサージ・鍼灸
ようなビジネスモデルか?
また、リスクありますか?
という2つ質問です



超基本的な質問なで、
メルマガ読者さん
よくわかっている人が
多いかと思いますが、
復習意味も込めて解説していきます。


まず訪問マッサージ訪問鍼灸と
どんなビジネスなか?ですが、
寝たきりや車いすなど患者さんに対して
健康保険適用マッサージ・鍼灸治療をして
患者さんから自己負担分1割を頂き、
3か月後に保険者から残り9割を
入金してもらって収益を上げるという
ビジネスモデルです


個人鍼灸マッサージ師が、
訪問マッサージ・鍼灸をやって
くらい収益が上がるか?ですが、
具体的な数値を上げるとすると、

患者数 :25人
施術単価:3500円
訪問頻度:週2回(月8回)
継続月数:18か月 
1人マッサージ月間売上:70万円(3500円×8回×25人)
患者さん1人生涯顧客価値:50万円(3500円×8回×18か月)


になります。


また、他マッサージ院、接骨院などように
店舗を構える必要などなく、保健所に
出張届を提出すればそ日から始めることが出来ます。


もちろん、店舗がないで、
家賃や水道光熱費なども掛からないですし、
移動自転車で十分ですし、
使う用具手ぬぐいとタオルがあれば出来ます。



つまり、経費がほとんどかからないということが
ビジネスと違う点です



25人患者さん獲得について
主に居宅介護支援事業所ケアマネさんに
アプローチすることになります。
これ、名刺とパンフレットがあれば出来ますし、
伝える内容として

・何屋であるか?(どんなサービスをしているか?)
・患者さん
・自分想い

などをステップを踏んで伝えていきます。


しっかりとしたノウハウを学んで
的確なツールを作れば、誰でも
簡単に取り組むことができます。


ただ、今日やって明日になれば
結果(患者さん紹介)が出ることない
3~6か月程度継続する必要があります。

 

最初ゼロからイチ、やや大変ですが、
一度、ケアマネさんと信頼関係が出来れば、
1→10、そして25人患者さんになる
難しいことでありません。



頑張る最初3~6か月程度だけで、
そこさえ乗り越えることが出来れば、
ずーーっと月商70万程度売り上げを
継続することが出来るが大きな特徴です



そして、訪問マッサージ・鍼灸リスクですが、
これ事業なでいくつか考えられます。


1つ目「保険治療」であるということです

訪問マッサージ・鍼灸「保険治療」で、
1回施術が300円~500円程度ということが
最大メリットでありますが、
これがリスクになるということです

 

柔道整復保険請求が厳しくなってきたように、
訪問マッサージ・鍼灸締め付けも
今後厳しくなってくる可能性も考えられます。

 

ただ、すぐに保険が厳しくなること無いと思います。
現在、柔道整復(骨折、ねん挫)市場が4000億円、
鍼灸マッサージ(脳梗塞後遺症など)市場が900億円です


超高速高齢化時代と言われる中で、
いきなり骨折、ねん挫患者さんが増えることないですが、
脳梗塞後遺症など患者さん増えていきますで、
鍼灸マッサージ市場について
柔道整復市場4000億程度まで
行くないかと考えています。

 

また、国方針として「病院から在宅へ」流れがあり、
在宅でケアをする訪問マッサージ・鍼灸分野
しばらく、伸びていくと思います。


2つ目「求人」です

需要があって、ライバルが少ない
ビジネスに比べたら個人
鍼灸マッサージ師が年商1000万に
到達するすごく簡単です



ただ、個人鍼灸マッサージ師で
訪問マッサージ・鍼灸をやる場合
上限が年商1000万程度で頭打ちになります。


また、もし自分が倒れたら売り上げが
ゼロになるリスクも十分あります。



そこで、そリスクを回避しつつ、
更に売り上げを上げていくに
スタッフさんなどを雇用する必要がありますが、
ここが難しい部分です
患者さんを獲得するより100倍難しいかもしれません。


そもそも、マッサージ多くないですし、
仮に雇用したとしても、現場で施術方法と
簡単な営業コツを覚えた段階で
スタッフが患者を引き連れて
独立開業するというケースもあり得ます。
辺りリスクも踏まえて
組織展開していく必要があります。


そういったスタッフと関係性が
面倒だと思う先生
一人で責任が見れる範囲
20人患者さんを相手に
日々施術をして毎月60万程度
売り上げを継続するという
道を選んだほうがいいです


「ひとり先生で、毎月60万円」

あたりが、治療家として
幸せを一番感じられるラインで
ないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です