屋号の重要性

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


これから独立開業する先生から
自分治療院屋号
どうすれば良いかと言う相談を頂きました。

 




店舗開設でも出張開業でも
最初に考える、治療院名前屋号です



「顔」として見られるもにもなりますで、
どんな名前にするか、よく考えて
より良い名前をつけたいもです



最初に、屋号決め方決まり事ですが、
こちら特に禁止事項ありません。

 



ただ、近所治療院、接骨院、介護関連事業所で
似たような名前店があればわかりにくい
避けたほうがいいでしょう。


ただ、屋号をどれだけ考えて練っても
屋号だけで選ばれるという事少ないです



例えば奥歯が痛くなって
歯医者に行かなければどうしようもない場合、
どんな条件で選びますか?


・奥歯治療を保険内でやってくれるか?

・会社帰りでも通院できる20時まで営業しているか?

・女性先生がいるか?

・実績がある歯医者さんなか?


など観点で選ぶことが多いで、
患者さん屋号によって治療院を選ぶわけでありません。


ですから、屋号を決める時に大切な
なんお店だか一目でわかる、ということです

 



うえで、治療院や介護業界で
よく目にするような
「さくら」「ひまわり」「わかば」といった
明るい印象名前が付いた屋号ありふれている一方で
親しみ度合いありますよね。


また、「○○駅前」など駅や地名入ったもも、
それだけでどこにあるかが伝わりやすいですよね。


よくある屋号にも、こうした理由があることを
理解いただけると思います。


こんなふうに、ご自身イメージや
アピールしたいも(サービスや商品)が
表現できるもであると、
看板として役割に良い効果が生まれるかと思います
辺りを考えて屋号を付けるといいですね。

 



いったん、屋号を決めると
名刺やチラシやパンフレットなどを作る関係で、
なかなか変更するが難しいで、
納得いく屋号を付けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です