施術中止の報告書

Q.
他の患者様が私の施術を断ってきた時に、
同意書を発行していただいた医師に
その経緯など書いて報告したほうが良いでしょうか?
(断られた理由としては効果が感じられない、
待つ時間が苦痛、身体を動かされるのが嫌だ。等)
今までに4回程、施術の継続を断られてるのですが、
報告書は提出しませんでしたが、
いつも報告書を書くか迷うので質問させていただきました。


A.
施術を中止する患者様の報告書提出についてですが、
お亡くなりになった場合を除いて、
再開につながりそうにない患者様については、
中止に関する個人的な理由まで記載する必要はないと思います。

 

 

「効果が感じられない、待つ時間が苦痛、身体を動かされるのが嫌だ」というような
理由で中断する患者様の報告書には、
これまでの施術内容に関する文章に加えて、

「なお、施術のご同意をいただいておりました、こちらのA様ですが、
〇月〇日をもって患者様のご都合により施術を中止することとなりました。
今後再開することとなりました際には、改めて先生のご同意を承りたく、
何卒よろしくお願いします」

というような文面を添えて、報告書をお送りしておけばいいかと思います。

 

また、再開の可能性があるような、患者様の入院や、
不意の体調不良などで施術の休止や中断をする際の報告は、
再同意の対応のためにも理由を詳細にして提出されておくといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です