「ありがとう」の数

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です


あなた、患者さんやご家族、
またケアマネさんやドクターから
どれだけ「ありがとう」という
言葉を貰っていますか?



”あまり多いと感じない・・・”

というであれば、
現状治療院経営を
根本から見直した方が良いかもしれません。



訪問鍼灸マッサージ院で
売上・利益がないと
院経営が継続できません。



ただし売上、ある意味で「結果」です


患者さんから感謝された結果
患者さんが喜んでくれた結果

ように

患者さん気持ちを大事にした対応結果、

売上・利益が付いてくるというが理想だと思います。


なぜ、リピートして施術を受けてくれるかというと

「患者さんお役に立った結果」

があるからです


もし今、リピートが続かなくて
治療院売り上げが不振であったら
患者さんが自分院に求めるも
何なかを再考してみると良いです



・東洋医学知識と技術を提供する

・激しい下半身リハビリ運動をさせる

・刺激を与えるために針を深く差す


など、自分が良かれと思っている行為も
患者さんとして有難迷惑だと思うこともあります。



リピートして施術を受けてもらうに
本当に患者さんが求めているもを聞き出し、
中で、自分が提供できることをする。


患者さんが求めているも
提供できて初めて、
患者さん喜びを感じて
結果としてリピートが続き、
安定した売上となって返ってくるです


リピート施術本質を
今一度考えて見ると、
売上増加に良い影響があるです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です