性的マッサージの依頼が来たら・・

こんにちは
日本訪問マッサージ協会藤井です



協会、全国高齢者や障がい者方から
訪問マッサージ訪問針灸ご依頼を頂きますが、
年に数件ですが、”性的マッサージ
お願いが出来ないかというお問い合わせを頂きます。


最近も”性的マッサージ”について
ご相談をいただいたですが、
比較的若い男性(30代~50代くらい)で
病気や怪我(交通事故など)で
お身体が不自由になってしまった方にとって
切実な悩みになります。



協会にご相談頂く方中に

「恥ずかしいけれど、どうしようもなくなる時がある。
犯罪につながるようなことないが、
犯罪・死活問題につながるほど真剣な悩みなんだ。」

とおっしゃる方もいらっしゃいます。


もしかしたら、今後あなたも
在宅現場でこような相談を
されることがあるかもしれません。


そんな時が来たらどうすればいいか?


鍼灸マッサージ師として、
在宅患者”性問題”について
対応法として

【自分で対応しない】

 



ということを基本においてください。


まず、専門機関(ホワイトハンズさん)や
看護・介護関係者などに相談うえ、
問題解決方向性を探すといった
スタンスを取ることが重要です

 




お身体が不自由な方であろうが、
健康な人であろうが、性問題
生活していく上で避けて通れない問題です

 



ただ、自宅出張風俗営業ならいざしも、
鍼灸マッサージ師が提供する
訪問マッサージ訪問針灸
健全な施術をしてお身体改善、維持を
目的とした行為でありません。



ご自身判断で誤った対応をしてしまうと
トラブル原因にもなりかねないで、
もし、そようなご相談があった場合
患者さん担当医や訪問看護師、
ケアマネさんとも連携して、
対応できるような準備しておきたいですね。


あなたも、これから在宅現場で
訪問マッサージ訪問鍼灸をやっていく中で、
同じような相談を受けることがあるかもしれません。


【自分で対応しない】

ということで、上手にご対応いただければ幸いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です