独立開業の先

こんにちは!
日本訪問マッサージ協会の藤井です。


訪問マッサージ・訪問針灸で
独立開業して、100日~120日くらい経過すると
この様な事を言い出す方が増えてきます。

「自分には独立開業は向いていませんでした・・・」

「もう、辛くてケアマネ営業は辞めたいです・・・」

「貯金がなくなりそうです。再就職を考えています・・・」

 


なぜ、独立開業して100日を経過したあたりから
この様な事を言い出す方が増えて来るのか?


何故でしょうか?

それは、
「頑張ってやってみたが、思ったほどの成果(売上)が出ない」と、
思い始めるからです。


自分では、それなりに精一杯
頑張って来たと思っているのです。


確かに、一生懸命に頑張ったのでしょう。


頑張ったからこそ、成果(売上)が
出ないことに落ち込み、今後、
続ける自信が無くなってしまうんですね。


これが、たいした努力もしてない場合は、
そんなに落ち込むこともないでしょうが、
そこそこ頑張ってきたのに成果を
上げられなかった場合は、悔しさも増して
落ち込み激しくなります。

訪問マッサージ・訪問鍼灸の
独立開業でで一番辛いのは、
「必死に頑張っているのに結果(売上)が出ない」
ということなのです。


独立開業というのは
究極のフルコミッションの仕事です。


完全フルコミなのですから、
売れなければ収入はゼロですが、
売れれば月に100万円も夢ではありません。


独立開業して、頑張れば頑張っただけ、
成果となって返って来れば、
いくらでも頑張ることが出来ます。


逆に、頑張っても頑張っても
見返り(売上)がなければ、
こんなに辛い仕事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です